日記・コラム・つぶやき

2014年12月21日 (日)

最近寒すぎて風邪をひいてしまった

\_ヘ(ω・`)こんにちは!

久しぶりの更新です!

やっぱり12月になると寒いですねー

2週間くらい前から風邪気味でまだ少し具合が良くならないです(・ ω ・`)

風邪の時くらいはと思ってお気に入りのプリンを買いにローソンに行ってきました

お気に入りはこれピュアカスタードプリン(バニラビーンズ入り)
1775767153679.jpg

でも売ってなかったですねー

まさかのもう販売中止になってしまったんでしょうか(*´-`*)

けっこう固めのプリンなので好きだったのに残念です!!

ローソンのピュアシリーズは余計なものを使ってないので手作り感のあるプリンです

しかもバニラビーンズもかなり沢山はいっているのが良いです!

ちょっとかためが好みの方にはオススメです

それでは


伊藤園 1日分の野菜 200ml×24本


厚生労働省の推奨する1日分の野菜350gを使用した野菜100%飲料です

新品価格 ¥1,252
(2014/7/14 22:48時点)



現在の体重【58.0kg】

風邪のせいで一時期57kgまで体重が落ちたのだけれど,やっぱり単に衰えただけで結局58kgまで戻りました

2012年10月 3日 (水)

1日に映画を見にいってきたよー(*´-`*)ノ

1日に映画に行ってきました(*´-`*)ノ

1日は1000円で安いですねー
なので人も多くて観たかったものは観れなかったです!
バイオハザードⅤかハンガーゲームが観たかったのですが,白雪姫と鏡の女王を観てきました!

見る前に「Brooklyn Parlor」というブックカフェに行ってきました!
ハンバーガーにインカコーラを頼みました~

内装もお洒落だし,ハンバーガーもお洒落でしたねー
メニューのコンセプトはよくわからなかったですが,ヨーロッパな感じがしました!
でもインカコーラはアメリカあ雰囲気(*´-`*)
ハンバーガーもそんな感じ!ベーコンプラスしてボリュームたっぷりでした。

そこでは家具の本よんでました!
以外と高いですねー(´Д`υ)ソファが100万とか高すぎです!

映画のあとはちょっと買い物してきました!
メタリックの飛行機とか売っててちょっとほしいなと思ったけど,実物はそこまででもなくて,ちょっと高めだったので諦めました。

映画の感想はまた今度(*´-`*)ノ

それでは~

2012年7月14日 (土)

マグマ その2(*´-`*)ノ

こんばんは(*´-`*)ノ

マグマ読み終わりました(*´-`*)ノ

とてもおもしろかったです(*´-`*)ノ

前回書きましたが原発の問題を提示した本です(*´-`*)ノ

ほとんど前回書いてしまったので,今回はあまり書く事がありません。
この本はハゲタカファンドと呼ばれる買収ファンドが地熱発電の企業を買収することから始まります(*´-`*)ノ
本当はもっといろいろあるのですが・・・それは読んでください。

買収ファンドの新しい女社長になる野上妙子がいろいろな敵と繰り広げていく物語も面白いですが,やはり見所は地熱発電に人生を捧げた研究者,御室の物語です(*´-`*)ノ
彼はどうしてそこまで地熱にこだわるのか,涙なしには読めません(*´-`*)ノ
そして元社長であり,買収の際にも会長として残った安藤の物語もかかせません(*´-`*)ノ
この二人の人生を是非読んで堪能してください。

それではまたです(*´-`*)ノ

2012年7月 7日 (土)

影法師

こんにちは(*´-`*)ノ

せっかくの土日なのに雨ですね(*´-`*)ノ

今日は百田尚樹さんの「影法師」です(*´-`*)ノ

百田さんの代表作と言えば「永遠の0」ですね(*´-`*)ノ
自分の中では(*´-`*)ノ
児玉清さんの歯を食いしばって涙をこらえたがダメだったという帯をみて買ってしまいました(*´-`*)ノ

話がずれたので「影法師」に戻します(*´-`*)ノ
「永遠の0」は自分の中でも上位の作品ですので機会があったら読んでみてください(*´-`*)ノ

ここからはネタバレになります(*´-`*)ノ

この作品は江戸幕府ができてから120年ほど経った時代の話です(*´-`*)ノ

影法師は戸田勘一がどのような人生を送ってきたのかを主軸として描かれています(*´-`*)ノ
勘一は下士という低い身分から国家老にまで出世します(*´-`*)ノ
そして勘一の竹馬の友である彦四郎という人物はそれとは逆に哀しい最後を迎えてしまいます(*´-`*)
最初は彦四郎は勘一の処遇と自分の不甲斐なさにそのような人生を送ってしまうように描かれていますが,その一つ一つが意味のある行動だと分かっていきます(*´-`*)ノ
最後にはこれも涙なしでは読めない作品ですね(*´-`*)ノ
題名である「影法師」とはまさに彦四郎のことということがわかります(*´-`*)ノ
これは勘一の物語を支える彦四郎の物語です(*´-`*)ノ

と思って読んでいました(*´-`*)ノ
ですが文庫の終章を読んでそれは真に作者が書きたかったことは,それだけでもなかったのだと思いました(*´-`*)ノ
もちろん勘一との友情は強いものでしたが,それ以上に強い思いがあったのではないでしょうか(*´-`*)ノ
自分はそんな人のために全てを捨てる人生を送ることができないと思います(*´-`*)ノ
親友のために全てを捨てることはできないですが,もしかしたら・・・(*´-`*)ノ
そう考えると納得できるような気がします(*´-`*)ノ
文庫版を読んでいない人は最後の終章だけでもぜひ読んでみてください(*´-`*)ノ
もちろん読み直してみてください(*´-`*)ノ

次ぎは奥田英郎さんの「無理」を読もうと思ったのですが,電車で下巻を持ってきてしまっていることに気づいたので,急遽本屋で真山仁さんの「マグマ」を買い読んでいます(*´-`*)ノ
原発を先取りしていた作品です(*´-`*)ノ

それではまたです(*´-`*)ノ

よい週末を(*´-`*)ノ

PR

PR2

無料ブログはココログ