« あにめ・となりの怪物くん第五話レビュー | トップページ | アニメ「ひだまりスケッチ×ハニカム」第五話の感想 »

2012年11月 1日 (木)

孤独のグルメ Season2 第四話「群馬県邑楽郡大泉町のブラジル料理」ドラマあらすじ感想

こんにちは!

ドラマ孤独のグルメ Season2 第四話「群馬県邑楽郡大泉町のブラジル料理」のレビューです!

前半の甘いものは,今回は南国風チュロスでした。チュロス食べたくなりますねー(*´-`*)ノチュロスがブラジルの食べ物だったなんてしらなかったです。だんだんとこの甘味シリーズが簡略化しているのが残念です。
でも今回出ていた女の子はけっこう可愛かったです。

今回のメインはブラジル料理でした。【フェイジョアーダ・コンプレッタ】【エスペトン・デ・ピカニャ】【コーベ】。フェイジョアーダは豆と豚肉,牛肉を煮込んだ黒豆料理です。ソーセージも入っていたみたいです。
ピカニャはまさに肉ですね!牛の串焼きで,イチボというとてもやわらかいお肉みたいです。あっという間に終わってしまいました。
コーベはちりめんキャベツです。そのままでした。

今回のお店は遠かったですね。それが残念です。

それでは!

« あにめ・となりの怪物くん第五話レビュー | トップページ | アニメ「ひだまりスケッチ×ハニカム」第五話の感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« あにめ・となりの怪物くん第五話レビュー | トップページ | アニメ「ひだまりスケッチ×ハニカム」第五話の感想 »

PR

PR2

無料ブログはココログ